額までおいしい!心の空間展
Gallery忘我亭 公募展
アート賞発表
BOVGATEI




公募で全国から集まった表現者が、それぞれの世界を表す
「 額までおいしい!心の空間展 」 を開催いたします。
平面、立体の作家は同じ 「 八つ 」 サイズの標本箱型の額を使って
ひとりひとりのストーリーを展開してくれます。
心の空間展について



どうぞ写真をクリックしてお楽しみください!




















Photo taken by. Emi





アート賞 発表

まず、今回の空間展にご縁をいただきました高山ご夫妻および饒舌な作品を出展してくださった皆様にお礼を
申し上げます。アート賞を選ぶにあたり、出展者のお名前や経歴、さらには作品のタイトルさえ知らない先入観の
無い状態で各作品を見せていただきました。

ATSUさんの作品は、目が合ったその瞬間、 『 カタルシス ( 浄化 ) 』 と言う言葉が私の頭の中に響きました。
与えられた 「 額 」 というテーマを独自に解釈し、文字通りその枠を破壊して新しい世界を創出したいという
イメージが、強烈に伝わってきたからです。後から、この作品のタイトルが < 復興 > だと知り、
ATSUさんの視線はここから未来に向かっているのだと分かりました。

これからも、今回の作品を超えた新しい世界を見せていただけます事を大いに期待しております。

株式会社  インターリンク
代表取締役  小野  三四子


受賞者のコメント


Title:復興
Name:ATSU
Materials:アクリル、梱包材、キャンバス、紙、粘土
アート賞をいただき感動でいっぱいです!!
「 綺麗に見せる 」 ことを意識し制作してましたが
途中から違和感を感じまったく作れなくなりました。

復興に対して自問自答。

チャリティー個展や交流などさせてもらって
きましたがその行動に 「 見せる 」 という意識が
一切なかったことに気が付きました。

本能が、体が、勝手に動く・・・
作品を壊しては作る、張る、塗る、
「 無 」 で額とおいしい時間を戯れました。

フラットな心が立体的な想いとなり、
心の空間で賞をいただけとても光栄です。

ATSU





心の空間展について表現する人だけでなく 応援する人も 自らの賞を設定することで参加するアートの新潮流のようなもの

心の空間展では、ユニークな試みがあります。それは、表現する人を応援するアートファンによる各賞の設定です。
表現者のバックグラウンドに左右されず、ご自身の感性と眼で心に響いた作品を選びます。

「 アートが特別なものではなく、ごく一般の人たちの身の回りに輝くものとして、表現する人と応援する人との双方向の
キャッチボールができたらすばらしい。 」 という忘我亭の高山ご夫妻の考えに賛同し、
インターリンクもサポート協力をさせていただくこととなりました。


主催 : Gallery忘我亭  長野県茅野市北山蓼科5522-459  TEL0266-67-6750
サポート協力 : 株式会社 インターリンク  および  表現する人を応援するアートファンと企業のみなさん
後援 : 信濃毎日新聞社 ・ 長野日報社 ・ LCV